盗聴器 発見

「自分しか知らないはずの情報を、なぜか第三者が知っている。」
「最近、いたずら電話や無言電話がかかる。」
「誰かが侵入した形跡がある。」
「明らかに誰かが侵入しているが、何も盗まれていない。」


このような現象が起こるようになったら、あなたの部屋に盗聴器が仕掛けられていないかチェックしてみる必要があります。

現在では盗聴器は通販などで簡単に入手できるようになり、出荷台数は年間20万台とも40万台とも言われています。盗聴というと、一昔前までは、企業の産業スパイや組織的な諜報活動に限られていました。しかし、最近は、以下のようなごく個人的な理由で盗聴器が利用されています。

彼氏(彼女)の嫉妬心
元彼(元カノ)の逆恨み
個人的な怨恨
盗聴マニア


また、上記の他に、賃貸住宅では、以前に住んでいた人が盗聴器に気づかずに、次にその部屋を借りた人がそのまま盗聴の被害者になるケースもあります。

盗聴器は、以下のような物に内蔵される傾向があります。

電源コンセント
電源タップ
ACアダプタ
三又プラグ


上記は、部屋の中にあっても違和感が無い為、疑わない限り気が付くことは極めて困難です。しかし、いずれも、設置場所から電気を得ることが可能なため、半永久的に機能し続けることになります。

一人暮らし.jpg

気を付けるべきは、人からの贈答品(プレゼント)です。特に、花瓶などのように部屋の中に飾ってめったに動かさない物、ぬいぐるみ等は要注意とされています。顕著な例を挙げると、アイドルがファンからもらったぬいぐるみの中から盗聴器やGPSが発見されたというニュースは、もはや珍しくありません。

もし、あなたの日常生活に、上記の内容を連想させる何らかの違和感があれば、盗聴の可能性を考えてみて下さい。

盗聴に泣き寝入りする必要はありません。現在は、盗聴器も日常化している分、盗聴器を発見する方法や手段も進歩しています。

まずは、盗聴発見器(盗聴防止器)で、部屋の中の電源コンセント、ACアダプタ、三又プラグ、電源タップ、ぬいぐるみなどをチェックして、事実を突き止めることをおススメします。









空き巣 留守 確認

空き巣は犯行に及ぶ前に下見をします。

その下見で、各住居が留守か否かを確認することも疎かにしません。では、どのような方法で留守を確認するのか、警察庁の平成29年の統計で見てみましょう

留守の確認方法.jpg
≪出典:(財)都市防犯研究センターJUSRIリポート≫

上のグラフでも一目瞭然ですが、空き巣の留守確認方法で最も典型的なのが「インターホン」を使った方法です。

「インターホンが鳴った後、応答してみると誰もいない」

このような経験はありませんか?

警察庁では、このような場合、外を一度見て、不審者がいないか確認することを助言しています。単なる子供の悪戯ではない可能性があります。

また、新聞や郵便物がたまっていると、空き巣に留守を教えているようなものです。出張や旅行などで長期的に家を留守にする場合は、新聞は止めておく等も一つの防犯対策となります。

防犯ステッカー、補助錠、窓ロック、防犯アラーム、防犯フィルム(ガラス破壊防止)など、ホームセンターで手に入るような防犯グッズでも、充分に空き巣に対する威嚇となります。

家を無防備に見せない工夫で空き巣を遠ざけましょう!








空き巣 下見

警察庁『住まいる防犯110番』での平成29年の統計によると、空き巣は犯行に及ぶ前に下見をするケースが多いとしています。

『侵入者のプロファイリング~心理と行動①』として、以下のような統計を開示しています。

≪周辺の下見で気にすること≫
人通りや人目がすくないか
入りやすく逃げやすいか
留守の家が多いか
お金がありそうか


≪家の下見で気にすること≫
留守
入りやすく逃げやすいか
隣近所からの見通し
窓のクレセント
お金がおりそう
ドアのかんぬき
犬がいる


≪侵入した家を選んだ理由≫
窓のクレセントを外せば入れる家が多い
人目につきにくい家だから
現金がおいてある家が多い
戸締りをしていない家が多い
ベランダに上りやすい家が多い


不審者.jpg

結論としては、下見のチェックポイントは、以下の3点に要約しています。

(1)留守かどうか 
(2)侵入しやすい家かどうか
(3)逃げやすいかどうか


また、(2)および(3)には、以下のような補足があります。

(2)侵入しやすい家かどうか:
*庭木など死角になるものがあるか
*足場になるものがあるか
*窓のクレセント錠の位置が開けやすいところにあるか
*犬がいないか


(3)逃げやすいかどうか
*駅に近いか
*立ち話をしている人がいないか
*通行人が少ないか


まず、(2)で、空き巣は「犬がいないか」を気にしているということは、「猛犬注意」などの防犯ステッカーでも充分な威嚇効果があることになります。

空き巣は、「人目・音・光」を避け、明らかに無防備な住居から狙います。

空き巣が敬遠する住居とは、近隣住民のご近所付き合いが密である地域、そして、玄関、ドア、窓に何らかの防犯グッズ(防犯ステッカー・窓ロック・補助錠など)を使用して、見た目にも防犯対策をしている住居です。








空き巣 侵入経路

空き巣を含む窃盗犯は、主にどこから侵入するのかご存知でしょうか?

窃盗犯の侵入経路(侵入口)は、当然ながら、人が入れる所からです。意外と思われるかもしれませんが、侵入窃盗犯の7割以上は、表玄関や窓から入ってくるのです!

地下トンネルを掘ったり、屋根から侵入するのは、単に映画の演出に過ぎません。窃盗犯は、住民の不用心に付け込んで堂々と住居に侵入してくるのです。

では、平成29年の警察庁の統計を参考にして、3種類の住居形態別(一戸建て住宅・共同住宅3階以下・共同住宅4階以上)を比較して見ていきましょう

あなたの住居形態はどれでしょうか?

一戸建て.jpg

3階建て.jpg

4階建て.jpg


一戸建て住宅と3階建て以下の共同住宅では、侵入経路(侵入口)の半数以上が窓からとなっています。

4階建て共同住宅への侵入経路(侵入口)は、表玄関からが5割以上となっています。理由として、4階建て以上の中高層ビルでは、窓からの侵入が困難となるだけでなく、窓などの開口部が一戸建てと比較して少ないことが挙げられます。

一戸建てと比較して、共同住宅では表玄関からの侵入が多くなっています。一戸建ての場合、オーナーは住人である場合がほとんどなので、表玄関の施錠は、違法開錠が最新の困難なシリンダーに交換したり、補助錠を取付けたりが住人の意志で即可能です。一戸建ての表出入口は、比較的ガードが固いのです。

一方で、共同住宅の場合、住人(借主)には、退去する時に、原状回復の義務があります。ですから、家主の承諾無しに、物件を改造することができない事が、表出入口からの侵入を許す一つの要因と推測されます。

しかしながら、表玄関から侵入を許してしまう住居の約45%は、鍵をかけていないことが原因という警察庁の統計もあります。

侵入窃盗犯は、人が出入り可能な所から侵入してくる事が判明しました。防犯対策を考慮すべき部分は、まず表玄関と窓です











侵入 手口

侵入窃盗犯は、どのような手口(手段・方法)で住居に侵入するのかご存じの方は、防犯意識が高い方だと思います。

マスメディアで一時報道された、ピッキングやサムターン回しのような高度な手口を使うのでしょうか?いいえ、近年では、そのような解錠方法による侵入窃盗は減少傾向にあります。

では、どのような侵入手口があるのか、平成29年の警察庁の統計を参考にして、一戸建住宅、共同住宅3階以下、共同住宅4階以上を比較して見ていきましょう。

一戸建て.jpg

3階.jpg

4階.jpg

少し驚きの統計結果なのですが、住居の種類に関係無く、窃盗犯たちの侵入手口の約45%以上は「無締り。つまり、鍵をかけていない出入口からの侵入だったのです。なるほど、鍵がかかっていなければ、侵入は簡単です。

無締り原因は、単純な鍵のかけ忘れ、在宅中の不用心、ごみ捨てなどの数分の無施錠による外出などが挙げられます。

なお、グラフ中の「その他の施錠開け」とは、ピッキング、サムターン回し、合かぎ以外で解錠する手口。「ドア錠破り」とは、ドアの隙間にバールなどを差し込み、鍵をこじ開ける手口です。

第2の手口は、ガラス破りやドア錠破りなどの荒っぽい方法となっています。

防犯グッズを使用した防犯対策と同時に、在宅中または不在に関わらず、必ず施錠する習慣を徹底することが防犯対策の基本と言えますね!